占い師になるためのステップ

占い師に弟子入りする

女性の心をつかんでやまない占い。
そんな占い師になるにはどうしたらよいでしょうか。

私が遭遇した占い師さんのお話です。
実はあまり占いなどにはいかない私なのですが、知り合いがよくあるし面白いから行ってみてというので行ってみたことがあります。
その占い師さんは推定60歳くらいでした。
「あなた、何かを作り出す、自分の道を切り開く星の元の人だわね。私Mね、20年前にふっと占い師になろうと思って勉強を始めて占い師になったのよ」
そう言っていました。

占い師は特に資格や免許などがありません。
勉強をして、占えるようになったらデビュー先を見つけてデビューするというものです。

大まかな流れとして3つあります。
ひとつは占い師に弟子入りして学びデビューさせてもらう。
ふたつめは占いの学校に行って学び、デビューさせてもらう。
みっつめは独学で占いを学び、デビューする。

この時、ただ占いの方法を学ぶだけではいけません。
人気占い師になるにはいかに結果を面白く相手に伝えるかという話術も必要です。
話し方を学びいかにお客さんを楽しませるか、それが占い師の仕事です。

余談ですが、私はその占い師さんに姓名判断、手相、誕生日で占ってもらいました。
事前に指名したわけでも占いの方法を指定したわけでもありません。
ですが、今、こうやって
記事を作る仕事をしています。
だいぶ前に見てもらったことですけどなんか狐につままれた気分です。

今思うとあたっているような気がします。

占い師に弟子入りして技を見る

占い師に弟子入りするのも占い師へのひとつの道です。 弟子入りする際には直接交渉するのも良いですが、その占い師が講座などを開いているのならばそこに入会するのも良いでしょう。 講座に入会するほうがトラブルも少なく占い師との距離も近くいれます。 占い師の近くにいればプロの技をまじかで見ることもできます。

占いの学校へ通う

占い師への近道として学校があります。 学校へ通うことによってどのようなメリットがあるのでしょうか。 弟子入りするのとの大きな違いは学校の方が早く占い師として独立できます。 弟子入りは師にお墨付きが出るまでデビューできません。 ですが、学校は卒業してしまえば独立ができます。

独学で占い師になる

独学で占い師になるにはどうしたらよいのでしょうか。 占い師とはもともと資格などはありません。 自分が「占い師だ」と名乗ればその場で占い師なのです。 これから占い師を志す人はどんな占いが需要があるのか、占いのほかに何を勉強したらよいかもご紹介しています。

TOPへ戻る